您好,欢迎来到皮书数据库! 登录|注册|
您现在所在的位置:首页
更多>> 课题组动态
更多>> 专题子库
互联网金融
    立足互联网金融深度学术资源,绘制互联网金融全景知识地图,从... 详情>>
更多>> 皮书作者
王伟光
    男,汉族,1950年2月出生,山东海阳人。1967年11月参加工作,1972年11月加入中国共产党,博士研究生学历,教授,博士生导... 详情>>
李 扬
    1951年9月出生,籍贯安徽,1981年、1984年、1989年分别于安徽大学、复旦大学、中国人民大学获经济学学士、硕士、博士学位... 详情>>
李培林
    男,山东济南人。博士,研究员,中国社会科学院副院长,中国社会学会副会长,中国社会科学院社会学研究所副所长。《社会... 详情>>

    东盟共同体时代日本的东南亚外交

    摘要

    以政治安全、经济及社会文化三大共同体为支柱的“东盟共同体”成立,宣告东盟新时代的开始,也标志着东盟由经济合作为主的松散的区域性联盟向高度一体化地区组织的升级。共同体启程,将巩固并提升东盟在东亚乃至亚太合作中的地位。作为东盟主要合作方和对话伙伴,日本在东盟共同体成立前后,在政治、经济以及人文等领域全面加大对东盟及东南亚各国的外交力度。因东南亚一体化进程中内部矛盾以及大国博弈带来的影响,日本对东盟政策也在不断调整。日本在处理与东盟关系时,中国因素继续成为重要的政策考虑。

    政治安保、経済及び社会文化という三つの柱から成る「ASEAN共同体」の成立は、「ASEAN新時代」を宣言した一方、経済連携型から地域統合への転身を表している。また、「ASEAN共同体」の成立は、東アジア乃至アジア太平洋地域協力におけるASEANの中核としての地位を確保·向上させるねらいがある。ASEANの主要なパートナーとして、日本は「ASEAN共同体」の成立前後、政治、経済と文化などの領域において、東南アジア諸国との関係構築に力を入れた。今後のASEAN統合の進展は、域内諸国の内部紛争及び諸大国間のパワーバランスに左右されているため、日本の対ASEAN政策は調整されつつあり、中国要素も引き続き重要視されるであろう。

    <<
    >>

    Abstract

    The establishment of the ASEAN Community based on the political,economic,social and cultural communities marks the beginning of a new era of ASEAN,as well as an upgrading of ASEAN from loose regional alliances based on economic cooperation to a highly integrated regional organization. The establishment of the community will consolidate and enhance the status of ASEAN in the cooperation in East Asia and the Asia-Pacific region. As one of ASEAN’s major partners,Japan has strengthened its diplomatic efforts towards ASEAN in the political,economic and cultural fields and adjusted its policies to ASEAN according to the internal contradictions in the process of the integration of Southeast Asia and the the competition among great power. In Japan’s consideration in dealing with ASEAN,China is still an important factor.

    <<
    >>
    作者简介
    白如纯:白如纯,法学博士,中国社会科学院日本研究所副研究员,研究领域为日本外交、日本与东盟关系、东亚区域合作。
    白如純:暂无简介
    <<
    >>
    相关报告